1. 無料アクセス解析
私のハイアーセルフは大日如来ちゃん♪
- 本当の自分を見つけ幸せになるためのブログ -

神様達からのメッセージにより本当の自分を見つけ現実世界を生き抜くためのブログ

ハイヤーセルフ,スピリチュアル,アセンション,チャネリング,チャネラー,高次元,天使,レイキ,霊気,癒し,精神世界

上記の写真は富士山頂近くからのご来光だそうです♪

どうぞパワーを受け取ってくださいねっ(*^-^*) 撮影者さま(人^-^o)感謝♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それって本当に子供のためになっているの!?
[子供] ブログ村キーワード


初めてお越し下さった方、初めましてです(*^?^*)

有り難いリピーターの皆様っ♪
いつもご覧下さりありがとうございますっ!(*^人^*)



お時間がありましたら、『お手軽に一日一善っ♪』ワンクリック募金をお願いします!
皆さんにお金は掛かりませんので(*^?^*)


http://www.dff.jp/
クリックで救える命がある。


http://www.kddi.com/corporate/torikumi/kibou/



http://clickbokin.ekokoro.jp/
イーココロ!クリック募金




では、本題に入りますっ♪



夏休みが始まって半分が過ぎました。。




私。。もうヘトヘトですぅ??。。(T_T)


一緒にスイミングに通っている親戚の子のママ(ダァの妹)とも
話してたんですが、

どうやら、『プチ反抗期』なのか?

いちいち、いちいち、私達が言うことに対して反抗をする。。というか、
しょうもない理由を付けては、やることもせず、
自分のやりたい事の主張は、しつこく言い続ける。。

毎日毎日、しょうもない同じ注意を何十回と言い続けて、
口で言っただけでは なめられてるのか? 
一向に注意を受け入れないので、
 
親としては愛のムチで「パチン」とやるわけです。。

初めは、例えば「宿題をやりなさい」がきっかけだったとしても、
宿題に取りかかるまでに、あれこれ文句を言い倒し数十分が経過し、

やっと宿題に取りかかっても、ものの5分もしない間に

「あ?、ダルイ」
「あ?、暑い」

といっては、すぐ横になったり 椅子から離れたり
鉛筆落としたり、間違いを消しゴムで消さずに黒くぐじゃぐじゃと
塗りつぶしてみたり。。

といった、その取り組み態度などで注意を受けたり叱られたりで、
それに対して口答えばかりしてくるので
一向に勉強が進まないのです。。

。。かといって、むやみに「パチン」とやっても、
叩かれ慣れされても困るし、叩かれたら叩かれた意味を考えるよりも、
叩かれた事に対して「痛い」とか「お母さん嫌い」などの感情だけが
爆発してしまって、泣いてわめいて 余計に言うことを聞かなくなるので
本当に毎日が戦争状態でクタクタになってしまいます。。




母親と子供は、出来るだけ気をつけてはいても どうしても距離が
近すぎるので 些細なことで注意をしてしまったり、
また反対に言い返してきたり。。となってしまうんでしょうね。。

これが、塾で。。となれば、ちょこぼぉも他の生徒がいるのに
先生に向かってさすがに同じような屁理屈は言わないと思うのですが。。

どれだけ自分にとって遊びと同じくらい勉強も大事、
(特に低学年時代の)勉強は、直接生活していく上でも必要となる
基礎的な事ばかりなのだから。。と

どれだけ口で勉強(学ぶこと)の大事さを説明しても、
まだまだ経験の少ない子供にとっては、実際、今これで生きていけてる訳だから
そんなことはどうでも良いわけで。。




親へのありがたさや、日々当たり前のようにご飯の時間になれば
食事が用意されていることの有り難さ、
また、「勉強しなさい」と、勉強が出来る環境に暮らせていることへの有り難さ、
もっと言えば、戦争などによる恐怖に怯えることなく暮らせている有り難さなど

そういうのが、いくら口で折を見て話していても 
有り難さを感じなくとも、日々当たり前のように暮らせていけるものだから
中々実感は出来ていないんでしょうね。。

今の状況でも十分幸せなはずなのに、もっと、もっと。。と、自分の欲ばかり
訴えてくるし、

知恵が付いてくれば自分の世界の中の比較対象物を持ち出しては、
自分の立場(状況)の不利さ? ばかり主張してどうにかして欲しいという。。


あっ。。気付いた。。


これって、子供ばかりがそうではなくて
今の日本人の大人自体が、結構 こういう人多いですよね。。

これだけ景気も低迷して苦しくなった、苦しくなったって言ってたって、
世界を見回せば、まだまだ十分生活水準は高い方だし。。

確かに貧富の差は開いてきてて、厳しい暮らしをしている人も増えていると
思うけど、本当に大変な人って不平不満を言う暇が無いくらい本当に一生懸命
働いていると思うんです。。
そういう方々には誰でもやっぱり何とかしてあげたいと思うのですが。。


じゃぁそれ以外の方で、一体どれだけの人が 自分自身はさほどの努力も
対策も考えずに不平不満ばかり言っては、
国、政府、自治体などに「あれせぇ」「これせぇ」と訴えているんでしょう?

でもって、『文句を言った者勝ち』で自分だけ有利な待遇をGET出来れば良い
と考えている人がどれだけいるでしょうか?

結構こういう人達、多いかと思います。。

で、こういう人達が子供を育てて来た訳で、そういう風に育てられた人達が
今、子供を育てたり、孫の面倒をみたりしているんですよね。。




日々、子供のためにと当たり前の事を日々何十回とヘトヘトになりながらでも
注意し、折を見て当たり前であることの有り難さを伝え続けても、
反抗期であることや現実感が無いことで中々受け入れてもらえない。。

それが大変なことでも親としてはそれを言い続けて、
理屈だけでなく実感としても理解させていかないといけないのに、

その教えていく立場である親自体が、子供のように不平不満だけ言い続けて
親(国、政府、自治体など)に「くれくれ」ばかり言っててどうするんだろうかと。。




我が家は一人っ子なもので、自分で気をつけては居ても兄弟が多い家庭よりは
確かに『甘やかし』ななくとも『構い過ぎ』のところがあるかも知れない。。
だから、出来るだけ意識して『付け放す』ように努力している。。

そして、子供の主張ばかりを受け入れるのではなくて、まず本人のやるべき事
が終わってから、または、やれることの手を尽くした上でそれでも。。
って場合なら、状況に応じて主張を受け入れることもあるけれど、

やることもやらず、努力の一片もうかがい知れない内から、文句だけ言って
自分の主張だけされても、我が家では一切通用しないです。。

どれだけ、ダダをこねようが、他の誰かと比べようが。。




もし、あなたが親(国、政府、自治体など)だとしたら、
やることもやらず、努力の一片もうかがい知れない内から、文句だけ言って
自分の主張だけしてくる子供(国民)をどう扱いますか?

ややこしいなぁ?と思いながらも、
良い親と思われたい、良い親で居続けたい(票が欲しい)ので、
その時だけでも、とりあえずうるさい子供(国民)の言うことは
聞いておきますか?

でも、それって巡り巡って本当に子供のためになっているんでしょうか??


。。そろそろ気付いても良い頃なのでは。。



只今ランキングサイトに参加中ですので
ポチッ×3クリックで 応援よろしくお願いします♪(*^?^*)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
いつも楽しく読ませて頂いています。
弥来さんに影響されて、いろいろやってますよ~!

夏休みって、自分が子供の頃は楽しくてしょうがなかったけど、親はこんな風にいろいろ大変だったんでしょうね~。
うちの子は小・中と不登校でほとんど学校へ行きませんでしたので、字も下手だし、計算も苦手、地理も歴史も、いわゆる常識的なことは、さっぱり覚えていません。(苦笑)
それでも、現在は大学へ進学し、毎日休まずに楽しく勉強しています。「オレが一番びっくりだよ~!」ですって。
自分に必要なこと、子供は案外ちゃんとわかっているのかもしれないなぁと思います。
子供時代に「まったく」勉強することのなかった、うちの子に比べれば、ほんの5分でも机に座って、鉛筆を持つことができる、ちょこぼぉくんをほめてあげたいです!
2009/08/10 (月) 12:13:09 | URL | クリキンディ #-[ 編集]
Re: はじめまして
クリキンディ さん、初めまして(*^-^*)
いつもご覧下さり、そしてコメントまで下さって有難うございます♪

> うちの子は小・中と不登校でほとんど学校へ行きませんでしたので、字も下手だし、計算も苦手、地理も歴史も、いわゆる常識的なことは、さっぱり覚えていません。(苦笑)
> それでも、現在は大学へ進学し、毎日休まずに楽しく勉強しています。「オレが一番びっくりだよ~!」ですって。
> 自分に必要なこと、子供は案外ちゃんとわかっているのかもしれないなぁと思います。

大学生の息子さんがおられるんですか。子育ての先輩ですねっ♪
そして、きっと不登校時代にクリキンディ さんが息子さんを信じてあげていたから
息子さんも真っ直ぐに育っていくことが出来たんでしょうね。

> 子供時代に「まったく」勉強することのなかった、うちの子に比べれば、ほんの5分でも机に座って、鉛筆を持つことができる、ちょこぼぉくんをほめてあげたいです!

日々子供と接している内に、近すぎて見えなくなっていることがきっと沢山あるんだろうと
気付かせて頂きました。
これからは、ちょこぼぉの為にも更に意識して、もっともっと心を大きく持って、
今よりもっと子供を信じて見守って行こうと思います。
有難うございましたっ♪(*^-^*)


2009/08/12 (水) 00:49:00 | URL | 弥来-みらい- #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 私のハイアーセルフは大日如来ちゃん♪ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。